Miksang Teacher Mitsue Nagase

To me, Miksang is a great way to keep a contemplative practice alive in your life and to explore the world through photography. While one can’t be fully free from his/her own way of interpreting reality, it is possible to be aware of the mind constantly try to “make sense”, and to be more open for a direct experience of the moment. A photograph taken with such an intention speaks for itself, and is a pure reflection of the photographer’s eye, mind and heart.

In Miksang, the emphasis is on how to be receptive and meet this fleeting world without your ideas and labels.  When it happens, the joy and ease of simply being emerges. I am grateful that I have met this path, and happy to share what I had learned with anyone who is interested in. 
 
Mitsue Nagase resides in Japan and the US.

She can be reached at: travelinglightphoto@gmail.com

Mitsue’s Miksang Gallery


私にとってのMiksangは、瞑想的な要素を日常に取り入れつつ、写真を通じて世界を発見することができる素晴らしい方法です。私達は自らのフィルターを通してしか現実を受け取れないわけですが、自分が目の前の出来事に「意味付け」をしようとしている事に気づき、そのかわりに、今の瞬間をダイレクトに体験できるよう心がけることは可能です。そのようにして撮った写真は、純粋な視点、意識と心のあり方を反映するので、見る人にもそれが伝わります。

Miksangでは、刻々と変化する世界をありのまま受け止める事を大切にします。それができた時には、ただシンプルにいる/あることへの喜びがわき起こります。

このような方法に出会えた事を嬉しく思いますし、学んだことを色々な方々と共有できれば幸いです。

長瀬光恵 

日本でのレッスンの連絡先はtravelinglightphoto@gmail.com までお願いします。